結婚相談所 茜会の評判はどう?40代50代のおすすめ度から注意点まで徹底解説

茜会

一昔前とは違い、40〜50代で婚活を始めよう!という方は年々増えてきています。この記事をご覧になっているあなたも、その一人かもしれませんね。一方、アラフォー・アラフィフ世代の婚活は、30代までと同じ意識では難しいということも事実です。

そこで、今回は、数多ある結婚相談所の中でも、40代・50代以上の方をメインにした結婚相談所として長年の実績を持つ茜会のおすすめ度を徹底解説していきます。

私共は、40代からの婚活を応援するサイトです。この記事が少しでもあなたの婚活のお役にたてると嬉しいです。

茜会とは?

公式HPより

茜会は、40代・50代・60代を中心とした世代の結婚情報サービスの草分け的存在として、60年以上の歴史と実績のある仲人・仲介型の結婚相談所です。

特徴

茜会は、中高年の婚活を専門とする結婚相談所で、女性は30代から、男性は40代から入会することができます。年上の男性と出会いたい30代の女性も会員としていますが、多くはパートナーとの出会いを求める40代以上の会員です。

ポイント

1. 多様な出会いの機会
茜会では以下のような多種多様の出会いの機会が用意されています。

出会いの機会

  • 気になった会員へお見合いのオファーをする
  • 異性の会員からオファーをもらいお見合いする
  • カウンセラーが希望条件にマッチする会員を紹介する
  • 茜会のサロン内で行う小規模パーティー
  • 趣味や趣向を通じで出会えるイベントパーティー
  • 婚活プランや人生プランを学べる婚活セミナー

そのため、自分から積極的にアタックできる方も、異性との交流に慣れていない方も、自分にあったスタイルで婚活をすることができます。
パーティーやイベントの開催数は年に500回以上にものぼるので、都合が悪くてパーティーに参加できないという心配もないですね。

2.スタイルにとらわれない結婚スタイル
結婚相談所は通常「成婚」つまり結婚して入籍することをゴールにしていますが、茜会では、それが全てではありません。事実婚や通い婚、入籍をするかしないかは、会員それぞれの希望で決めることができます。

なぜなら、中高年やシニアのパートナー探しとなると、ご家族の事情があったり生活スタイルの違いもあったりで、入籍して一緒に暮らすには様々なハードルがあるからです。

もちろん、周りの方に祝福されて結婚・入籍となるのが理想のスタイルではありますが、茜会は「残りの人生をともに過ごすパートナー」を見つけることを応援することを大切にしています。

3.茜会独自の会員システム
多くの結婚相談所では、他の協会や団体に加盟することで会員データを共有するというシステムを使っています。そうすることで、たとえ小さな結婚相談所であっても、多くのお相手とマッチングできたり、紹介することが可能となっています。

しかし、茜会では会員のプライバシーの保護を徹底し、個人情報を見ることができる人を限定する目的で、茜会独自の会員組織をつくっています。茜会では、プライバシーマークも取得しているので、安心できますね。

茜会以外で婚活しているお相手のデータを見たり見られたりできないことは、会員にとっては利点でもあり欠点でもあるかも知れません。ただ、茜会にとっては、40代50代はまだしも、シニア世代で婚活している人は他の協会や団体でもそう多くはないということもあり、加盟する必要性を感じないからでしょう。

こんな人におすすめ

  • 同世代や年上の会員が多い結婚相談所でパートナーを探したい
  • 個人情報を他の結婚相談所の会員に知られるのに抵抗がある
  • パーティーやイベントへの参加が苦手でない
  • 再婚や子連れ婚をしたい
  • 結婚という形だけではない人生のパートナーを探したい

会社情報

公式HPより
会社名日本健康管理株式会社
設立年1960年
代表者川上喜彦
資本金1,000万円
本社所在地東京都新宿区西新宿1-1-7 MSビル 8F
展開地東京・横浜・大阪・神戸・京都・滋賀
※2020年に西日本エリアを株式会社トータルマリアージュサポートに事業承継
連絡先0120-18-5678(東日本)
050-1744-5558(西日本)

サービス内容

公式HPより

無料のサービス

茜会の会社見学とカウンセリング

HPを見ただけでは分からない詳しいサービス内容等、コーディネーターから直接聞くことができます。

「どんな会員がいるのか」「どのくらいの費用がかかるのか」「システムはどう使うのか」など、事前に確認しておきたいことをしっかり聞くチャンスです。

来店することで茜会の雰囲気も知ることができ、入会しよう!と思ったら、その後のイメージもつくので、無料のカウンセリングをしっかり活用しましょう。

有料入会後のサービス

カウンセラーによるマッチング

コースによって紹介人数は変わってきますが、希望条件にマッチするお相手の会員を毎月決まった人数紹介してくれます。会ってみたいと思ったらお見合いを申し込みましょう。

反対にお相手からのお申し込みも入ります。オファーを受けてお見合いになる際は、お見合い料もかからないので0円でお相手と出会えるチャンスです

婚活パーティーやセミナーの開催

会員限定のパーティーやイベントが年間500回以上開催されています。

落ち着いた雰囲気の少人数パーティーから、ホテルやレストランを貸し切ってのパーティー、バスツアーなど、様々なイベントが用意されているので、楽しみながらお相手を探すことができます。

婚活に役立つ情報やファッション・マナーセミナーなど、知識と教養を深めるセミナーもあるので、幅広く活用することができます。

お見合いのセッティング

茜会では1対1の完全プライベートでのお見合いが基本となっています。双方の合意でお見合いが決まると、カウンセラーがセッティングしてくれます。

お見合いのために連絡先を交換したり、お相手とやり取りをする必要はないので、気軽に安心してお見合いができます。

休会制度・中途退会制度

ご事情に合わせて最大12ヶ月の休会ができます。休会中は費用が一切かからず再開も自由。仕事で忙しい時期や家族の事情などで一旦お休みしたくなったときも安心です。

途中で退会したいと思えば、規定に従った金額を返還してもらえるので気軽に婚活を始めることができます。
※西日本では休会期間の制限なし

会員情報

公式HPより

 会員数・男女比・年齢層など、ほとんどの会員情報は非公開となっています。茜会では、他の団体や協会に加盟せずに独自の会員のみでサービスを展開しているので、「どんな会員がいるのか」は知っておきたいところ。
入会前に無料の会社見学とカウンセリングで、不明点は解消しましょう。

入会資格

男性:40代から
女性:30代から

婚姻歴があって離婚や死別をされた方や子供がいる方でも、現在が独身であれば入会できます。

入会時の必要書類

  • 独身証明書(3ヶ月以内のもの)
  • 住民票(1カ月以内)・運転免許証・健康保険証・パスポート等のいずれか
  • 最終学歴を証明する書類(短大・専門学校 以上の方のみ)
  • 源泉徴収票・確定申告などの収入証明所(男性のみ)
  • 登録用の写真(提携写真館で有料の撮影か、茜会で無料の撮影も可能)

年齢層・男女比

年齢層や男女比は一般には非公開となっています。

ここからはあくまで予想です。
女性は30代から入会可能ですが「年上の男性と出会いたい」という方に限られることになるので、人数的には少数ではないでしょうか。
となると、年齢は40代〜60代、人生のパートナーを見つけたいという方がメインかと予想されます。

職業・年収

職業や年収に関しても一般には非公開となっています。

中高年を対象としているため、若い人を対象とした結婚相談所よりも年収や職業をあまり重要視していないようです。
男性は収入証明の提出が必須ですが、定年などでリタイアし年金生活の方は年金の年収証明でかまいません。
「婚姻関係というスタイルに囚われない人生のパートナー探し」を目的にしていることからも、職業や年収に重きを置いていないのでしょう。

茜会のコース、料金は

公式HPより

茜会では、関東圏(東京・横浜)と関西圏(大阪・神戸・京都・滋賀)ではコースが違います。料金設定や内容はかなり違うので、お住まいの地域のコースを参考にしてみてくださいね。

関東圏のコース

関東圏での茜会の会員期間は1年です。自動更新となっていて、一部のコースを除いて更新料は発生しません。

あかねコース

茜会のスタンダードなコースです。

パーティーやセミナーへの参加などのサービスを利用することができます(有料)。希望条件から毎月決まった人数を紹介してもらえ、その紹介人数で月会費が変わってきます。

料金(消費税別途)
紹介
人数
2名3名6名
入会時
費用
【総額】
 51,000円
【内訳】
 登録料:30,000円
 事務手数料:5,000円
 月会費:8,000円✕2ヶ月分
【総額】
 55,000円
【内訳】
 登録料:30,000円
 事務手数料:10,000円
 月会費:10,000円✕2ヶ月分
【総額】
 69,000円
【内訳】
 登録料:30,000円
 事務手数料:5,000円
 月会費:17,000円✕2ヶ月分
活動時
費用
月会費:8,000円(3ヶ月目以降)
 お見合い料:5,000円
 更新料:0円 
 成婚料:0円
月会費:10,000円(3ヶ月目以降)
 お見合い料:5,000円
 更新料:0円 
 成婚料:0円
月会費:17,000円(3ヶ月目以降)
 お見合い料:5,000円
 更新料:0円 
 成婚料:0円
あかねコース費用
おすすめの人
  • 茜会の全てのサービスをトータル的に使いたい
  • 婚活のプロに自分に合う相手を探して欲しい
  • 紹介をしてもらえれば、自分からアプローチができる
アラフィフおすすめ度

★★★★★

特別コース

専任のカウンセラーが出会いからお見合いまでをきめ細かくサポートしてくれるコースです。

お見合い時にカウンセラーに立ち会ってもらえたり、登録用の写真を無料で提携写真館で撮影してもらえます。注意点としては、1年に1度の更新時に専任カウンセリング料が発生するということです。

料金(消費税別途)
紹介人数1名2名
入会時
費用
【総額】
 146,000円
【内訳】
 登録料:30,000円
 事務手数料:5,000円
専任カウンセリング料:91,000円
 月会費:10,000円✕2ヶ月分
【総額】
 166,000円
【内訳】
 登録料:30,000円
 事務手数料:5,000円
専任カウンセリング料:91,000円
 月会費:20,000円✕2ヶ月分
活動時
費用
月会費:10,000円(3ヶ月目以降)
 お見合い料:5,000円
 更新料:91,000円 
 成婚料:0円
月会費:20,000円(3ヶ月目以降)
 お見合い料:5,000円
 更新料:91,000円 
 成婚料:0円
特別コースの料金
おすすめの人
  • 婚活のプロのサポートをしっかりと受けたい
  • 自分からのアプローチが苦手
  • 結婚相談所を利用するのが初めて
アラフィフおすすめ度

★★★★

セレクトコース

希望条件の方を月に1名紹介してくれ、1年の会員期間でトータル12名の紹介が受けられるコースです。

紹介できない月が あればその分会員期間を延長し、希望があれば月のご紹介人数は フレキシブルに対応してもらえます。月会費はなく、12名の紹介を受けるごとにご紹介料が発生します。

料金(消費税別途)
紹介人数1名/月(12名/年)
入会時
費用
【総額】
 95,000円
【内訳】
 登録料:30,000円
 事務手数料:5,000円
紹介料:60,000円
活動時
費用
月会費:0円
 お見合い料:5,000円
成婚料:0円
セレクトコースの料金
おすすめの人
  • 自分のペースで婚活をしたい
  • 一人ひとりとじっくり出会いたい
  • 自分からのアプローチが苦でない
アラフィフおすすめ度

★★★

パーティコース

茜会が主催するパーティ・イベントに参加することができるコースです。

他のコースの会員からお申込みがあった場合には、お見合いをすることもできます。

料金(別途消費税)
紹介人数なし
入会時
費用
【総額】
 35,000円
【内訳】
 登録料:30,000円
 事務手数料:5,000円
活動時
費用
月会費:0円
成婚料:0円
※1年毎の更新時に登録料と事務手数料が発生
パーティコースの料金
おすすめの人
  • パーティーやイベントで出会いたい
  • 自分から積極的にアプローチできる
  • できるだけ費用は抑えたい
アラフィフおすすめ度

★★

関西圏のコース

関西圏での茜会の会員期間は6ヶ月です。更新時は、入会金・登録費などの費用は発生しません。

茜会コース

関西ではシンプルに茜会コースの一つです。料金設定は、主に紹介人数によって変わってきます。

イベントを利用して出会いたいか、希望条件に合う人を紹介してもらいたいかでプランを選ぶと良いでしょう。

料金(消費税別途)とサービス内容
プラン0プラン1プラン2プラン3
入会金30,000円30,000円30,000円30,000円
登録料30,000円30,000円30,000円30,000円
入会時
費用
60,000円60,000円60,000円60,000円
月会費2,000円4,000円8,000円12,000円
主なサービスお相手からの申し込み
推薦紹介
イベント参加
定期紹介
お相手からの申し込み
推薦紹介
イベント参加
定期紹介
お相手からの申し込み
推薦紹介
イベント参加
定期紹介
お相手からの申し込み
推薦紹介
イベント参加
定期紹介数なし1名/月2名/月3名/月
茜会コースの料金とサービス内容

その都度発生する費用

  • お見合い費(5,000円)
  • 推薦紹介費(5,000円)
  • 追加相談費(5,000円)
  • イベント参加費(イベント毎により違う)
アラフィフおすすめ度

★★★★★

茜会の注意点

公式HPより

必ずしも成婚をゴールにしていない

茜会は、現代の中高年にとっていろいろなカタチのお付き合いがあってよいという考えのもと、必ずしも「入籍」だけが幸せとは考えていません。そのため、法的な縛りのないパートナーを見つける「通い婚」や「事実婚」などをゴールインにする方もいらっしゃいます。

多様化している現在、一人ひとりの目的が違って当たり前ですし、その目的に沿ったサービスも必要ですが、成婚を目的としている方へは注意が必要です。お相手の目指すゴールが自分のゴールと一緒なのかどうか、しっかりと確認した上でお見合いやお付き合いをすることをおすすめします。

会員情報が開示されていない

茜会では、年収や学歴はもちろん、会員数や男女比、年齢層など、多くの結婚相談所で開示されているような会員情報の開示がされていません。

個人情報を徹底的に保護していると見てとることもできますが、実際に入会するのであればどのような会員が在籍しているのかを知っておくことはとても重要です。特に茜会では、他の団体や協会に加盟せずに独自の会員のみでサービスを行っているのでなおさらです。入った後に希望の人がいなかったなどにならないよう、入会前には無料のカウンセリングを受けることをおすすめします

地域が限定。西と東ではサービス内容も違う

北海道や東北地方、九州や中国地方など、お住まいの地域によっては茜会のサービスを利用することができない場合があります。また、イベントやパーティーは基本的に中心地で行われるため、遠方の場合、有効的にサービスが利用できないことも考えられるので注意が必要です。

そして、前の項でもご説明したとおり、関東圏と関西圏ではサービス内容も料金体系もかなりの違いがあります。入会を検討する場合は、事前にご自身が利用する地域の内容をしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか。

茜会の最大の特徴は、中高年に特化した結婚相談所ということです。だからこそ、従来の固定観念にとらわれない、一人ひとりに合ったパートナー探しをお手伝いするサービスを提供しています。

この記事を読んで少しでも気になった方は、先ずは無料の資料請求をしてみてはいかがでしょう。あなたの婚活の始めの一歩になれば嬉しいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です