好きな人がほしいと40代で思う理由と対策について

好きな人がほしいと40代で思う理由と対策について 40代の出会い

好きな人がほしいと思う気持ちは何歳になっても自然だと思う反面、もう40代だし…と自分自身にブレーキをかけてしまう場面がありますよね。人を好きになることはとても素敵で、40代だからこそ大人の恋愛が楽しめるかもしれません。

そこで今回は、少し気になる40代の恋愛事情について、好きな人がほしいと思う理由と対策について詳しくお伝えしていきましょう。

 

好きな人がほしいと40代で思う場面

好きな人がほしいと40代で思う理由と対策について若い時は友人のカップルを見ているだけで、自分も恋がしたい…という気持ちが強くなったかもしれません。40代で好きな人がほしいと思うのは、次のような場面やきっかけがあるようです。

 

仕事で落ち込んだ時

好きな人がほしいと40代で思うのは、仕事や職場での人間関係が上手くいかない時など。気分が落ち込んだ時に、そばに寄り添ってくれる人がいたら…と思うことがあります。

一人で悩み続けて否定的になると、毎日が不安だらけの生活になってしまい、とくに仕事はストレスが溜まるばかりで発散できません。そんな生活環境の中で、自分の存在価値についてふと疑問を抱いた場面で、好きな人に優しく包まれたいと思うようになるのです。

 

素敵なシニアカップルを見た時

公園で仲良く会話するシニアカップルや、温泉旅行している老年のご夫婦を見たりすると、好きな人がほしいと思うかもしれません。40代になるとときめきよりも、生涯のパートナーが欲しいために異性の存在が気になる人も多くなるでしょう。

空気のような存在だけれど、なくてはならない人。お互いのことを本当に理解して好きになるからこそ、ずっと一緒にいられるのでしょう。シニアカップルを見て「微笑ましいな」と思った20代とは違い、40代はもっと現実的に将来を考えています。

 

イベントなどで異性と交流した時

好きな人がほしいと40代で思う理由は、イベントなどで恋愛対象と交流する時です。職場や知り合いなどで異性の存在が全くないわけではありませんが、初対面で異性とコミュニケーションをとる場面があると、普段得られない緊張感を抱くでしょう。

たとえば会社のセミナーで初めて会った同年代の異性や、趣味の集まりで異性と会話した時など。特別な異性と一緒にプライベートを充実させたいと思う瞬間は、恋愛がしたくなる時かもしれません。

 

40代はこんな恋愛ができる!

好きな人がほしいと40代で思う理由と対策について毎日好きな人と一緒にいるだけで幸せだった若い頃とは違い、大人にしかできない素敵な恋愛が40代では可能です。好きな人がほしくても一歩前進できないのは、年齢の不安があるからかもしれませんが、40代の今だからできる次のような恋愛の魅力があるのです。

 

束縛しない恋愛ができる

40代の中には離婚歴がある人もいますが、過去の出来事がいつまでも心の中に残っていると、恋愛をしないように自分で気持ちをコントロールしていることもあるでしょう。

しかし40代の恋愛は、お互いに自立して自分の生活がありますので、自分の時間を大切にしながら二人の時間を楽しめることが魅力です。今恋人がどこで何をしているか考えてはモヤモヤしていた若い時代とは違い、適度な距離感をお互いに居心地よく感じられるでしょう。

 

寛大な気持ちでお互いを受け入れられる

相手がバツイチだと家族にも反対される可能性がある20代ですが、40代になり好きな人がほしいと思った時は、過去にあまりこだわらず人を好きになれる点が魅力です。

恋愛経験や結婚経験があって当たり前の年齢なので、お互いの過去について寛大な気持ちで受け入れることが可能になります。逆に色々な経験を積み重ねる年代なので、過去に起こった出来事よりも、将来や今を幸福なものにするための豊富な知識があるはず。冷静に意見交換をしながら恋愛ができるでしょう。

 

純粋に恋愛ができる

好きな人といずれ「結婚」したいと思うのは20代。毎日好きな人と一緒に暮らすことに強い憧れがあります。しかし40代は人生経験も恋愛経験もあり、昔のような結婚へのプレッシャーはさほど感じない人もいるでしょう。

そのような価値観の変化は、逆に純粋に恋愛できる心の余裕につながるかもしれません。経済的な理由、家庭を築くなど、さまざまな条件を考えて結婚相手を見つけなくても「素敵だな」と感覚的に人を好きになれるのも40代の恋の特徴です。

 

40代が好きな人を見つける方法

好きな人がほしいと40代で思う理由と対策について好きな人がほしいと思う瞬間は、日常生活のあらゆる場面で訪れるはずなので、そのチャンスを見逃さないためにも自分が感じることには常に敏感でいたいですね。

では40代で好きな人がほしい時はどうすればいいか、お勧めの対策方法をご紹介しましょう。

 

身近な存在を恋愛対象として考える

毎日近くにいる人は、恋愛関係になった時の生活をイメージしやすい場合もあるでしょう。職場の人や得意先の人、または知り合いを通じて仲良くなれる人など。

生活の一部になっている異性の存在は、あえて「異性」として見る機会があまりないかもしれませんので、意識改革をして恋愛対象として考えるのもお勧めです。

好きな人がほしいと思う時は、異性に積極的に興味を抱く時なので、まずは身近な存在で対象になる人がいるかどうか、飲み会や食事などで距離感を縮めることもできます。

 

新しいことに挑戦する

同性でも気の合う人と知り合う際に有効なのは「共通の話題」です。好きな人を見つける時も、できれば盛り上がる話題がある異性のほうが親近感も湧き、急速に関係が進展する可能性があります。

そのためには今興味があることや、やってみたい物ごとを始めてみませんか。40代になると趣味を満喫する人、全く趣味がない人の差が顕著に表れてきますので、誰かを好きになるきっかけを探すためにも、趣味やイベントに参加するのもお勧めです。

 

自宅でも出会いを意識する

「じっとしていたら出会いがない」というのは事実ですが、だからといって毎日出かけるのは負担になってしまいます。この場合は内向的な性格の人も、自宅でもSNSなどを使って恋愛対象とのつながりを見つけることもよい方法です。

近所のイベント情報を収集するなど、一人の時間も有効活用するとよいでしょう。

 

まとめ

好きな人がほしいと40代で思う時は、自分をさらに輝かせるよいチャンスが到来したと考えられます。年齢の不安、結婚への焦りなどは一旦置いておき、まずは自分の気持ちに素直になってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました