婚活アプリのプロフィールでアラフォーが自分を印象づけるためには

婚活アプリのプロフィールでアラフォーが自分を印象づけるためには 40代の出会い

婚活アプリのプロフィールは、人生を変える可能性があるもので、自分を表現するためにとても重要です。最近はSNSで不特定多数の人を対象に自分自身を紹介する機会が多いため、慣れている人もいるかもしれません。

しかし婚活は、自分の印象を決めるためにプロフィールはとくに意識したいポイントになりますので、今回はアラフォーが印象づけるための婚活アプリのプロフィールについて詳しくご解説していきましょう。

 

婚活アプリはプロフィールが大切!

婚活アプリのプロフィールでアラフォーが自分を印象づけるためにはプロフィールは「自己紹介」であり、初めて会う相手にインパクトを与えるものです。ビジネスシーン、飲み会、あらゆるところで自己紹介する機会はあるはずですが、婚活アプリのプロフィールで好印象を与える自信がある人は少ないのではないでしょうか。

なぜそれほど重要なのか、プロフィールの大切な意味をご説明していきましょう。

 

恥ずかしがらず自己紹介できる

婚活アプリのプロフィールは、コンパクトに「自分」を説明するところで、今後の婚活にも影響を与えます。とても難しく感じる部分で、多くの人は何度もやり直しても結果的に他の人と似ている、インパクトが少ないという仕上がりになることも。

婚活アプリのよい点は、対面で自己紹介せずに文章や写真だけで初対面の人に自己紹介できることです。そのため内向的な性格の人でも、プロフィールでは積極的に自分自身を売り込むことができるので、全ての人が同じスタートラインに立てる大切なステップに。

アラフォーはビジネスシーンでは自己紹介に慣れていても、プライベートになると意味合いが全く異なり、対面だと会話が進まないことはよくあるでしょう。

 

最初の印象になる

婚活アプリが重要なのは、最初の自分の印象になるためです。できるだけ好印象を残したいのは誰でも同じこと。最初の印象によっては、その後の付き合い方にも影響を与えますので、婚活以外でも自己紹介はとても重要なものです。

会話をしないと人のことはわかりませんが、プロフィールは「話をしてみたい」と思わせるためのきっかけに。対面で人と会った場合、3~7秒で相手の印象は決まるといわれていますが、婚活アプリのプロフィールは同じように重要項目となるのです。

 

アピールする絶好のチャンスになる

アラフォーの場合、普段の生活で異性の出会いがなく、自分自身をどうアピールしていいのかわからない人も多いでしょう。婚活アプリのプロフィールは、ライバルが多い中で自分をアピールする絶好のチャンスです。

プロフィールはすれ違う人への「挨拶」のようなもの。短時間に他者に見せたい自分を表現する場所で、会話せずにアピールするチャンスになります。

写真は実際に会った時をイメージさせ、人柄も引き立てる意味があります。婚活アプリのプロフィールは全ての始まりになるものなので、会って話をする機会を成立させるための重要なアピール力を持っています。

 

自分自身に気づく

プロフィールは職業や趣味、さらに休日の過ごし方、自分の生活や結婚観など、あらゆることを限られたスペースでまとめなければなりません。そのため苦手意識がある人も多く、結局ありきたりの内容になってしまうことも。

婚活でプロフィールがとても重要なのは、相手にアピールしたいことを伝えるだけでなく、実は自己分析のチャンスにもなっているからなのです。アラフォーになると、誰よりも自分のことはわかっているという自信がある人もいるでしょう。

しかしいざ説明しようと思っても上手くできないことも。他人からどう思われているか、またはどんなイメージを与えたいかと考えるプロセスの中で、多少なりとも「自分発見」をすることがあるのです。

今まで気づかなかった自分の魅力を再発見できれば、プロフィール作成がきっかけとなり、婚活に対するモチベーションもアップするかもしれません。

 

プロフィールには何を書くのか?

婚活アプリのプロフィールでアラフォーが自分を印象づけるためには婚活アプリのプロフィールにはどのようなことを書くべきなのでしょうか。運営会社によって内容は異なりますが、基本的な項目についてご説明しましょう。

 

基本情報

アラフォーの婚活の場合は、基本情報を注意深くチェックする人はとても多く、年齢はとくに気になるところに。プロフィールの基本情報は、自分の概要を説明する部分です。間違いのないように明確に記載しておきましょう。

 

趣味

趣味はアラフォーの婚活で大切なポイントで、共通点がある人とはぜひ会ってみたいと思うものでしょう。また趣味はライフスタイルがイメージできる要素もあり、結婚後にパートナーから得られることがあるかどうかチェックされています。

 

休日の過ごし方

休日の過ごし方は人それぞれ。アラフォーになると、休日はゆっくり一日寝て過ごすという人も多いかもしれません。過ごし方で人間の優劣がつくわけではないのですが、人柄や性格を知る要素があります。

 

性格

自己紹介で性格を説明するのは一番難しく感じるところなので、よくある例文を参考にしている人もいるでしょう。しかしプロフィールの性格は、コミュニケーション能力をイメージする際に参考にしますし、相手との相性のよさを知る大切な情報です。

性格は面接でもよく聞かれる質問。ビジネスシーンでは、会社で活躍できる人材かどうか確かめる要素があります。それと婚活も似た要素があり、性格で結婚生活をイメージしているのです。

また自分自身をきちんと理解しているかどうかも重要なポイントになりますので、長所や短所を明確に伝えるプロフィールが好ましいですね。

 

結婚観や理想の相手

プロフィールはまず多くの人に意識してもらうステップですが、そこからさらに自分に合う人を選りすぐっていくためにも、結婚観や結婚相手に求めることもアピールすることが大事です。

なぜ婚活をしているかという理由は誰もが気になるところ。正直にポジティブな婚活の理由を記載して、結婚に向けた熱い気持ちをアピールしましょう。理想の相手はあまり具体的にせず、イメージや感覚で書くこともコツです。

 

プロフィールの写真で好印象を与えるコツ

婚活アプリのプロフィールでアラフォーが自分を印象づけるためには婚活アプリは、プロフィールの写真でまず判断する人も少なくありません。第一印象になるものなので、なんとなく惹かれる人やタイプではない人が瞬時に判断されるはず。

アラフォーの場合は素敵に見せるためにも、写真の撮り方や印象づけるコツについてマスターしておきましょう。

 

服装について

婚活でプロフィール写真なしでは活動できないほどとても重要。写真を撮る時は、服装で頭を悩める人は多いですよね。婚活なので誠実さをアピールできるよう、男性はスーツやシャツとジャケットなどがお勧めです。

アラフォーは大人のマナーも求められますので、どの服装がいいか迷った時はスーツが無難。どの年代からも男性はスーツがとても好評です。女性の場合は、お見合いにもふさわしいワンピースやスカートスタイルがよいでしょう。

パンツスーツでも素敵ですが、女性らしさを印象づけるためにも適度に肌を見せることは効果的です。トップスもできれば半袖で、顔の輪郭がわかるようトップスの襟の形も意識するといいかもしれません。

男女共に服装はできるだけ顔が明るく見える色がよいので、女性はパステルカラーのピンク色など、血色よく見えるカラーを選ぶとよいでしょう。

 

光の加減に注意

アラフォーの婚活は、プロフィール写真はできれば元気で若さをアピールできるものがお勧めです。顔がわかればいいというものでは、よい印象にはならないかもしれません。

とくに注意したいのは、撮影する時の「光」で、逆光になったり障害物の影が顔に当たったりするといったことは避けたいですね。屋外で撮った写真はとても清潔感があり好印象を与えます。

その場合も自然光で明るく見えるように意識し、室内なら陰影のバランスをとりながら、上手く仕上がらない時は時間帯や部屋などを変えてみることもお勧めです。

男女共に柔らかい印象になる均一の光があるといいかもしれません。

 

信頼できる人に撮ってもらう

写真を撮る機会が少ないアラフォー世代も多いはずなので、久しぶりにカメラを向けられると緊張してしまうかもしれません。婚活用となると、よく見られたい思いでいっぱいになり、不自然な表情になってしまうことも。

そんな状況を想定して、写真を撮る時は信頼できる人や親しい人にお願いすると、いつもの自分らしさがしっかりアピールできるはずです。

 

背景をアピールのコツにする

顔だけアップのプロフィール写真だと証明写真のようで、個性が伝わらず見ている側の知りたい情報も確保できません。アラフォーのプロフィール写真は、自分に焦点をあてるだけでなく、背景を活用して本棚、自然、ペットなど、映り込むものを使い自分のライフスタイルなどをイメージしてもらうこともできます。

オフィスが背景なら仕事で活躍している人だと想像できますし、キッチンが背景なら家庭的な印象を受けるかもしれません。適度な距離を使って、自分自身と生活をコラボさせた写真にしてみましょう。

 

会ってみたくなるプロフィールのコツ

婚活アプリのプロフィールでアラフォーが自分を印象づけるためには写真はかなりインパクトを与える自己紹介の部分ですが、気になった相手の性格や結婚観は、会うかどうかの判断ポイントになってきます。そこでとても重要なプロフィールの書き方のコツをご説明していきましょう。

 

書き出しを意識しよう

婚活アプリを利用しているアラフォーの方は、何人もチェックしている可能性が高いので、目を引く冒頭の挨拶から入ってみましょう。大切なのは内容。

しかし読み進めるかどうか、最初のキャッチになる挨拶は、親しみやすく好印象を与えたほうが有利になるでしょう。真面目で律儀な人をアピールしたい気持ちもありますが、大人の品やマナーがわかるよう意識してみてくださいね。

たとえば「初めまして。プロフィールを見ていただきありがとうございます」と、会った時の最初の一言が想像できるような書き出しがいいかもしれません。

 

読みやすい量にまとめる

プロフィールでできるだけ相手に自分のことを伝えたいと思うのは自然なことですが、あまり長い文章だと読むだけで疲れてしまうかもしれません。

婚活アプリは文字数が決まっており、通常200~400文字ほどの適切な長さにまとめると読みやすくなるでしょう。スマホアプリは画面も小さいので、文字量が多いとさらに読みにくさを感じるため、意識しておくといいかもしれません。

短すぎると婚活への熱意が感じられませんので、本気で結婚を考えていることがわかるよう、全項目を読みやすく記入しておきましょう。

 

具体的に書くとよいところ

プロフィールは年齢や学齢、身長などの基礎情報は正確に記入して、余白はできるだけ残さないほうが印象はよくなります。実際に会って話がしたいなと思ってもらうには、具体的に記入したほうがよい項目があります。

そのひとつは「趣味」。最近は趣味と呼べるものを持っていないアラフォーの方も多いかもしれませんが、休日になんとなくやりたくなることや好きなことを思い出してみましょう。

たとえば映画鑑賞。ありきたりの趣味であまり心に残るものではないかもしれませんが、大好きな作品や好きなジャンルなど、少し掘り下げておくと興味を持つ人も多くなります。

そして「休日の過ごし方」も、できれば具体的にイメージできるように書くこと。ライフスタイルがわかりやすい休日は、デートの風景も想像しやすくなりますし、趣味なら一緒にやってみたいと多くの人の目に留まるかもしれません。

 

婚活のきっかけについて

プロフィールでとても気になるのは婚活のきっかけです。アラフォーの場合はなぜ今なのか?と疑問を抱かれることも多いため、自分に向き合って正直な婚活の理由を考えてみましょう。

皆に言われたから、両親を安心させたいからといった理由は、あまり婚活への熱意が感じられません。あくまでも自分の意思で結婚したい理由、前向きな気持ちで幸せな結婚生活が連想できる理由を書いてみましょう。

一生独身でいるのが不安、老後のパートナーが必要という言葉よりも、素敵なパートナーと幸福な家庭を築きたい、結婚生活で幸福に暮らす友人のようにパートナーと知り合いたいなど、熱意が感じられる理由がいいですね。

 

まとめ

婚活アプリのプロフィール作りは、最初のステップで最も重要な部分といっても過言ではありません。書き方次第で出会いの数も左右されてしまいますので、アラフォーの方は大人の余裕と合わせ、丁寧に自分を分析しながら書いてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました