婚活アプリで会うまでの流れとステップには何が必要?

婚活アプリで会うまでの流れとステップには何が必要? 40代の出会い

婚活アプリは、手軽に相手を探せることが魅力なのですが、会員登録してもそこから先になかなか進めず悩んでいる人は多いのではないでしょうか。婚活アプリは自分の目的に合わせて活用することが大切。

さらに出会うまでの流れを知っておくと、さらに活動もしやすくなるでしょう。それでは今人気の婚活アプリで会うまでのステップについて詳しくご解説していきますので、自分らしく出会いを広げてみてくださいね。

 

婚活アプリの始め方について

婚活アプリで会うまでの流れとステップには何が必要?婚活アプリの認知度が広まり利用者が増えている今、上手に使い理想の相手と出会うためには、まずアプリを準備することが最初のステップになります。

 

婚活アプリとは何か?

アプリはゲームや音楽など、あらゆるもので使われていますが、近年婚活もアプリが主要になりつつあります。婚活アプリはスマホひとつで婚活するもので、アドバイザーとどこかで会って話したりイベント会場に行ったりする手間もなく、便利さが人気。

24時間どこでも婚活ができるツールであることが最大の特徴です。実際に成婚した方の中でも、利用した婚活の場としてアプリは1位になるほど。恋活や婚活など、目的に沿って活用していきましょう。

 

どんな人に向いている?

婚活アプリを使えば、すぐに素敵な人と知り合えるというわけではありません。アプリの特徴を理解し、自分のライフスタイルに合うならとても有効に使えるでしょう。

婚活アプリが向いているのは、初対面の人と話すのが苦手な人や仕事が忙しい人、結婚相談所のような高い費用が抵抗に感じる人などです。

 

メリットとデメリット

婚活アプリを使ううえで意識しておきたいのは、メリットとデメリットがあること。メリットはいつでも利用可能で、趣味や価値観を通じて自分と気の合う人を探せることや、年代ごとに合った出会いが可能であることです。

また初めてデートする前にアプリ内でメッセージのやりとりをしておけば、距離が多少縮まった状況で会うことができます。また婚活イベントと比べても、出会う人の数がアプリのほうが圧倒的に多いことは、効率的に婚活できるメリットですね。

デメリットは、利用者の心がけ次第で回避できることは多いのですが、アプリの運営会社がセキュリティをしっかり考えないと個人情報が流出するリスクもあることは覚えておかなければなりません。

ユーザー全てが真剣に婚活しているかどうかもわかりませんので、実際に会うまでは慎重に相手を判断することは意識しておきたいですね。

 

アプリの準備方法について

婚活アプリで会うまでの流れとステップには何が必要?アプリを使うまでの手順は会社によって少し違いますが、基本的な流れについて見ていきましょう。

 

会員登録する

婚活アプリを使用する際は、まず会員登録が必要になります。興味があるアプリが見つかったら、まずはアプリをダウンロードしておきましょう。はじめは無料ダウンロードできるアプリが安心かもしれません。

サービスを利用する際には月額料金がかかることがありますので、その点も事前に確認してからダウンロードしましょう。運営会社により登録手順は若干異なります。

登録は簡単にFacebookアカウントやAppleでサインインできることもあります。登録時には性別、生年月日、居住地、ニックネームなどの入力設定があります。そして18歳以上であるか、利用規約などもチェックしておきましょう。

 

年齢確認をすること

婚活アプリなど、ネットを介した異性紹介業は年齢確認が義務つけられていますので、アプリを利用する際には年齢確認できる証明書が必要です。一般的に有効とされるものは運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、年金手帳などがありますが、写真つきでないと本人確認できず受け付けてくれないこともあるのでご注意ください。

婚活アプリを利用する際に必要になるものは、この本人確認は基本。さらに収入証明や学歴証明を求めるサービスもあります。

 

料金について

登録は基本的に無料のところが多くなっていますが、婚活アプリ内の機能は男性が有料で女性が無料というサービスが多い傾向があります。相手を検索するところまでは無料でできますが、メッセージのやりとりをするためには有料会員になる必要があります。

月額料金はアプリによって違いますし、有料プランにも種類があるので内容を確認して選択しましょう。たとえば「メッセージし放題プラン」や1年、半年などの課金プランもあります。料金は長期プランのほうがお得になる傾向がありますので、じっくり婚活していきたい人にお勧めです。

 

婚活アプリで出会うまでの流れとは?

婚活アプリで会うまでの流れとステップには何が必要?婚活アプリをいよいよ始動させたら、気にいる人を見つけて実際にデートまでこぎつけるのが次のゴールになります。何をすればいいのか困惑しないよう、会うまでの流れについてご説明しましょう。

 

検索する

婚活アプリに登録している人の数は膨大なので、単に検索するよりも条件を指定したほうがマッチングしやすい可能性があります。自分のこだわりたい部分を検索条件にすることが基本ですが、一般的には相手の年齢、居住地、職業、登録日などを設定するケースが多いようです。

またコミュニティ検索なら同じ趣味を持つ人や、「長男」「未婚者」といった特定のキーワードからも検索できる場合もあります。ただし条件を設定しすぎると、表示される人数が少なくなることもありますので、どうしても譲れない条件だけに絞って検索することもいいかもしれません。

 

「いいね」を押す

気に入った人がいたら次は「いいね」を押しましょう。「いいね」がたくさんもらえる人は検索で上位に表示されるので、さらに希望条件に近い人と会える可能性もあります。

まずは自分から気に入った人に「いいね」を押して、相手からも「いいね」をもらうことが目的。双方が気に入ればマッチングが成立となり、次は婚活アプリの通話機能やメッセージが使えるようになります。

 

メッセージを送る

メッセージ機能は有料になることが多いため、事前に確認しておきましょう。マッチングが成立すると、次は二人だけのメッセージのやりとりが始まります。

ここではプロフィールに書かれていない詳しい自己紹介をはじめ、好きな音楽や食べ物の話、仕事のことなど、婚活パーティーで会話するような内容で共通点をどんどん見つけてくださいね。

アプリによっては通話機能で会話もできる場合もありますので、初デートまでにより親しくなっておくと、当日緊張せずにスムーズに会話ができるはずです。

 

初デートのタイミングについて

いつまでもメッセージだけでは、次のステージには進めないですよね。しかし初めてのメッセージでいきなりデートに誘うのも、相手が警戒してしまいそうです。

初めて会うまでのタイミングの目安は、メッセージのやりとりを初めて二週間くらいが一般的ともいわれていますので、少しお互いのことがわかってきた時に会うといいかもしれません。

会ってゆっくり話したい、そんな自然な流れでデートの約束ができるといいですね。

 

出会いの確率を高めるアプリの使い方のポイント

婚活アプリで会うまでの流れとステップには何が必要?婚活アプリはデータを基盤に自分にぴったりの相手を見つけてくれるので、とても便利でつい頼ってしまうものです。しかし出会いの確率は、アプリの使い方を工夫しておくとさらに高くなる可能性がありますので、自分でできる次のポイントも少し意識して婚活に活かしてみましょう。

 

最終ログイン日の意味について

婚活アプリは自分が相手を検索するだけでなく、自分も検索される対象であることは覚えておきたいポイントです。その際に重要になる要素が「最終ログイン時間」「ログイン日」。

この部分は実は検索で上位に表示されるかの判断基準となり、現在オンラインの人、または24時間以内や3日以内など、アプリを頻繁に使用しているほうが検索されやすくなります。

それだけでなく、最終ログインが何か月も前だと婚活自体していない可能性もありますので、有利に活動するためにもできるだけアプリは操作しておきましょう。

検索する場合もこまめにログインしている人のほうが、マッチングして会うまでスムーズにいく可能性があります。

 

使う写真は好感度の高いものに

婚活アプリで会うチャンスを増やすには、好印象を与える写真を使うことがコツです。相手の年齢や職業などを知る前に写真だけで判断する人も多いので、会う機会を増やすためにも写真設定はとても重要なポイントになりますね。

自撮りよりも、できればプロや友人などに上手く撮ってもらった写真のほうが、自然な笑顔でよい印象を与えられます。人によっては婚活していることを知られたくないので、写真を載せたくない場合もあるかもしれませんが、そんな時はプロフィール公開範囲設定をしておくと安心ですね。セキュリティのしっかりしていないアプリだと、写真を悪用される可能性もあるので、その点もアプリを選ぶ際にチェックしておきましょう。

 

プロフィールでアピールする

自分の情報をきちんとまとめておいたほうが、目に留めてくれた人にも自分のよさが伝わりやすくなります。趣味や婚活に対しての思い、誠実さをアピールして、言葉使いも丁寧に。

メッセージや通話機能で相手と近づくためにもプロフィールは肝心です。空白にせず、アピールポイントを考えてまとめておきましょう。「最近彼氏と別れたばかりで…」「仕事が大好きです」など、相手の捉え方によっては婚活に不利になる表現も避けたほうが無難ですね。

 

新規会員はチャンス大!

何年も会員だと婚活が上手く進んでいない印象があり、その人に問題があるのか不安を抱きます。逆に新規会員は婚活市場で新しい人なので、注目を集めやすいことが特徴。

検索で新規会員が上位表示されることも多いため、このチャンスを最大限活用することもお勧めです。新規会員扱いになるのは、登録後3日~1週間が目安。登録して1か月間ほどは、それだけでも出会いの率が高くなるので有利といわれています。人によっては短期間で使うアプリを変えて、新規会員として活動をすることもあるほど。婚活アプリを使う前はそんな点も意識して、スムーズに機能を使いこなせるようにしておきたいですね。

 

初めて会う時の注意点について

婚活アプリで会うまでの流れとステップには何が必要?婚活アプリで素敵な人と出会ったら、今後は実際にデートしていきましょう。メッセージやプロフィールとは違った印象を受ける人だと困りますので、初デートを成功させるためにも、慎重に考えておきたいポイントをご説明しましょう。

 

すぐに連絡先は交換しない

会うまでは何度かメッセージのやりとりをしていると思われますが、ここで注意したいのは、すぐに連絡先を聞いてくる人や早く会いたがる人。色々な人と会ってから判断したい場合でも、まずは信頼関係を少し築いてから個人的な情報は交換してください。

デートの予定はアプリのメッセージ機能でできますが、展開が早すぎると思う人は様子を見て判断してくださいね。

 

本人確認をしておく

全てのユーザーが正直で真面目な人とは限りませんので、初めてデートする相手も念のために本人確認しておきましょう。運転免許証などは登録の際に提示しているはずなので、念のために内容をチェック。

会う当日も、できればお互いに身分証を見せ合うと、さらに安心して情報交換ができるはずです。

 

会う場所や時間は一緒に決める

初デートの内容は、人柄を判断する材料にもなります。勝手に会う場所を指定してくる人や、知り合いのお店に行きたがる人などは注意。また遅い時間をわざと指定してくる、ホテルのロビーなど、誤解されそうな場所は避けたほうがよいでしょう。

自分の都合はきちんと伝えたうえで、二人で必ず話し合って初デートの場所や時間は決めてくださいね。最初はカフェでお茶するだけでも充分なので、気軽に会える状況をイメージして初デートを提案してみてください。

 

相手の情報をできるだけ頭に入れておく

メッセージだと盛り上がるのに、実際に会ったらいつものノリが感じられない…ということは想定できます。初デートで失敗しないためにも、相手のプロフィール情報やメッセージの内容は再確認しておきましょう。

複数と同時に婚活を進めている人も中にはいますので、情報を混同させないことは相手へのマナーでもあります。楽しい会話ならまたすぐに会いたくなりますので、最初に好印象を与えられるよう服装なども注意しておきましょう。

 

まとめ

婚活アプリはさまざまな機能がありますので、一人ではなかなか成功しない婚活もしっかりサポートしてもらえるはずです。よい出会いを見つけるためにも、アプリの使い方や特徴をきちんと把握し、ユーザーのレビューも参考にしておくといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました